賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

必須!チェーンロック

チェーンロックは女性が一人で生活するときには必ず必要なものです。
ない場合には取りつける必要があります。
賃貸でマンションになれば必ずチェーンロックはついていますが、賃貸アパートになるとチェーンロックがついていないということもあります。
その時には不動産屋や家主にチェーンロックをつけるということを相談したうえで設置するようにしましょう。
相談すると不動産や家主側でその設置をしてくれることもあります。
チェーンロックの重要性というのは女性の一人暮らしでは感じる機会が非常に多くなってくるでしょう。
実際によくあることを例に挙げて考えてみましょう。
勧誘業者、新聞勧誘はよくあるものです。
特に引越しをして間もないときには必ずといっていいほど新聞の勧誘があります。
ところがこの新聞勧誘、非常に怖いことになるケースも少なくはありません。
特に一人暮らしであるということは部屋の間取りから見ても明らかであるという場合があります。
新聞勧誘にもノルマがあり、そして歩合でもあります。
そのため契約をとるということに躍起になっている、そんなことも少なくはありません。
玄関の扉を開けてしまったばかりに契約することになってしまったといことも少ないことではなくなるでしょう。
さらに恐ろしいことに、女性が対応とわかれば契約するまでしつこく帰らないということもあります。
新聞勧誘だけにとどまりません。
化粧品、健康食品、布団などなど、押し売りといっても過言ではないほどの勧誘が次々にあらわれます。
これは実際に消費者相談センターでも被害件数の多いトラブルになっています。
不審者、自分が一人で部屋にいるとき、ドアを開けるような音が聞こえたらどうしますか?
これは空き巣が無人であると勘違いをして侵入を試みているというケースがあります。
また近年頻発している事件として成りすましというのがあります。
保険の外交員を装い、一度はチャイムを鳴らして外交員であることを名乗ります。
面倒だと思い居留守を使うということもあるでしょう。
もしくは何らかの作業中で返事が遅れるということもあります。
チャイムを鳴らして返事がなければ留守と判断して玄関から堂々と入ってくるという成りすましの犯罪です。
このようなことがあってもチェーンロックをしていれば時間を稼ぐことができます。
その間に大声を出す、警察に連絡をするなどの時間をとることができるでしょう。
部屋の中にいるときには必ずチェーンロックをしておく、これは女性の一人暮らしでは欠かすことのできない習慣です。

Copyright (C)2017賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣.All rights reserved.