賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

アパートのメリットとデメリット

賃貸にはマンションだけではなく、賃貸アパートもあります。
その中で女性が一人暮らしをするときに選ぶアパートにはどのようなものがあり、どのようなメリットとデメリットがあるのかを考えていきましょう。
〜アパート〜家賃が安い、これはアパートの最大のメリットです。
毎月支払っていくものということを考えてもその家賃が安いものであれば毎月の生活に余裕が出てくるでしょう。
収入に対して家賃がどのくらいにあればいいのかという参考になるデータがあります。
それは家計の適正配分というものです。
手取りの収入に対して支出はどのような配分を行っていくことが理想なのかということを知るための診断になります。
あくまでも参考になる配分ではありますが、その配分以上は振り分けないということを目安にしておけば一人暮らしであってもその家計のやりくりはある程度設計していくことができるようになるでしょう。
住居費や駐車場代は、手取りの収入の中から20〜30%以内というのが基本となります。
つまり20万円の手取りであれば4〜6万円までの家賃ということです。
出来れば20%以内にとどめておくことが望ましいでしょう。
できる限り家賃を抑えることで将来の備えとしての貯蓄を考えていくことができます。
しかし家賃が4万円台となるとやはりマンションは難しいでしょう。
女性の一人暮らしということを考えるとアパートというのは価格を考えても妥当な選択肢であるということが考えられます。
それではデメリットも見てみましょう。
心配になるのはその耐久性です。
地震というのはもはや遠い世界の話ではなくなりました。
どれだけの耐震性があるのかということを考えれば、やはりマンションよりもアパートの方が心配は大きくなります。
頑丈さということで考えてみると防音についても心配は尽きません。
女性の一人暮らしの場合には1階に住むことは避けたほうがよいと言われています。
防犯上の理由になりますが、自分が2階に住むとなると今度は階下の人に対しての音の心配というのが出てきます。
どのような構造になっているのかということもありますが、一般的にアパートとなると階下の人に対して自分の生活音が聞こえるということは考えなければならないでしょう。
自分に対してのデメリットというよりも、階下の人に対する配慮を考えなければならないということです。
静かな夜になれば足音だけでも気に障る音として感じられることが充分に予想されます。

Copyright (C)2017賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣.All rights reserved.