賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

マンションのメリットとデメリット

女性の一人暮らしでは物件も充分に考慮して選ぶことが必要です。
賃貸では家族向け、男性向け、女性向けというのが大きく分かれています。
その中でもやはり女性が一人暮らしをするうえでは女性向けの物件を選ぶということはとても大切なことになります。
マンションよりはアパートのほうが割安になります。
それはもちろんのことですが、それぞれにメリットもありデメリットもありますので整理してみていきましょう。
〜マンション〜マンションのメリットとしてはやはり管理体制がしっかりとしているということがあるでしょう。
マンションには管理組合もしくは管理人がいます。
そのためマンション全体としての防犯意識も高くなっていますし、またセキュリティーもしっかりとしていることが多くなります。
オートロックとなれば家賃が高額になりますが、オートロックだけではなく、防犯カメラの設置も随所にあり防犯に一役買っています。
また防音にも適しているということもメリットになるでしょう。
隣に対する自分の部屋から発する音、舌の部屋に対する自分の生活音、それはそれほどに気を付けなければならないものではなくなるものです。
もちろんフローリングではなくじゅうたんを敷くなどの対策をすることは必要になってくることもありますし、壁に密着した状態ではテレビやステレオなどを置かないということも必要になってきます。
集合住宅ということには変わりがありませんのでその辺の気遣いは必要なのは当然のことです。
お互い様のことではありますので自分が家具の設置に対して充分に気を付ければ音の心配はないように、周囲からの音のトラブルも発生しにくいというのはマンションの防音システムの特徴になるでしょう。
反面、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。
やはり家賃が高額である、これは最大のデメリットになるでしょう。
その月だけ支払えばいいものではありません。
住んでいる期間はずっと支払っていくものになります。
女性の一人暮らしということを考えてもその家賃を支払っていくことが可能なのかという問題は出てくるでしょう。
マンションはアパートと違って管理体制がしっかりとしています。
これは安心できることではありますが、いざ自分が支払いが困難となったとき、もう少し待ってください、が、効かないということも充分に考えられます。
マンションの家賃は高額になることがほとんどです。
その家賃を支払っていくだけの生活能力があるのか、仕事は安定しているのか、ということは大きな問題になるでしょう。

Copyright (C)2017賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣.All rights reserved.