賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

女性が考えたい防犯グッズ

日常の行動パターンだけではなく、女性が一人暮らしをするうえで防犯対策に用意しておきたいものも有ります。
賃貸のマンションやアパートになると、若い女性が共同の入り口から入っていくとき、その部屋の構成は一人暮らしかもしくは恋人との同棲、この二つのいずれかであるということが多くなります。
これは犯罪を狙っている人にとっても同じように考えることでしょう。
自分の生活を明かさないということは大前提です。
現代では何のかかわりも接点も持たないような相手によって犯罪に巻き込まれるということが連日のようにニュースで取り上げられている時代です。
多くの女性が一人暮らしを両親に宣言した時、反対にあったかもしくは心配されたかしたでしょう。
しっかりと防犯対策を整え、自分の生活を自分で守っている姿を見せて少しでも安心させてあげたいものです。
女性の一人暮らしで防犯のために用意したいグッズというのがあります。
しかしいずれも簡単に用意することができるものでそれほどの料金がかかるものではありません。
常に万が一、ということを考えておくことで毎日の生活に備えを考えることができるでしょう。
用意しないままにトラブルが発生した時と、用意してある時では対応に大きく差が出てきてしまいます。
さらに、常に注意を払っている人は空き巣や強盗にも警戒され被害にあう確率が少ないということも言えるでしょう。
用意したいものとしてはこのようなものがあります。
一つ一つ整理してみていきましょう。
・表札、表札に名前がないということは中の家族構成を不明にさせるという効果があるようにも感じますが、実は反対です。
表札に名前を入れないということはつまり、若い人物の一人暮らしを連想させるものになります。
恋人との同棲の場合には名字の違う二人が住んでいることで宅配の荷物や郵便物で未着になる恐れがあります。
そのため二人の名字を表札にするというのは一般的です。
表札にはフルネームではなく、名字だけ、もしくは父親や兄弟などの名前を連名するとよいでしょう。
カーテン、遮光カーテンのように厚手のカーテンをすることで部屋の中で電気をつけていたとしてもその様子が向こう側にもれなくなります。
自分の生活感を外に漏らさないようにしましょう。
補助錠、玄関用と窓用、どちらにも補助のカギをつけておくことをお勧めします。
賃貸になるとドア用は取り付けることができない場合もありますが、ドアに穴をあけずにつけることができる補助錠もあります。

住まいや賃貸について、深く知るならココが手軽で便利です

  • 貸し会議室はオンラインから予約できるコチラが便利。

Copyright (C)2017賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣.All rights reserved.