賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

個人情報の管理を徹底する

もともと個人情報の管理、これはどのような家庭でも気を付けていなければならないことですが、女性が一人暮らしをする時にはさらに注意が必要です。
家族で住んでいる家庭、これは人数が多いため空き巣や強盗、ストーカーなども比較的狙いにくい状況にあります。
男性の一人暮らし、これは男性の場合には力が強いということもあり狙う対象にはなかなかならないでしょう。
恋人同士の同棲、これは人数が複数であるということと同時に男性の存在がありますのでやはりあえて狙うかといえばそうではないでしょう。
このようにみても女性の一人暮らしが狙われやすいというのは充分に見えてきます。
だからこそ個人情報の管理には気を付けなければなりません。
気を付けなければならない個人情報の管理の中には、自分の情報を渡さないというものがあります。
ゴミに出すものはシュレッダーにかけるというのはもちろんのことではありますが、郵便物の管理もしっかりとしておかなければなりません。
特に賃貸の場合、自室のドアにポストが設置されているものとは別に賃貸の入り口に集合ポストが設置していることもあります。
これは同じ賃貸に住む人間に成りすまして堂々とポストをあさるという行為が充分にできることになります。
このように集合ボスとが設置されている場合、女性の一人暮らしの場合には特にそのポストは思い切って塞いでしまうというのも一つの方法です。
これによってポスティングのちらしも防ぐことができますし、不特定多数の人に自分あての郵便物を見られるという危険性を防ぐことができます。
宅配の荷物にも注意をしましょう。
そこには住所、名前、電話番号など個人情報のすべてともいえるものが書かれています。
宅配業者を装った不審人物もいますし、安心できるのは宅配物は自宅へ届けるのではなくコンビニ受け取りにするというのも一つの方法になります。
そのほか郵便局留めという方法もありますので活用するとよいでしょう。
また外出先での注意として、荷物の管理があります。
万が一バッグなど鍵の入ったものを盗まれたとき、もしくは鍵の紛失があったときには、鍵目当ての盗難ということも考えて鍵の交換をすることが安全策になるでしょう。
空き巣などの犯罪だけではなく、ストーカーということも考えられます。
いずれにしろ自分の部屋のカギを別の誰かも所有していると考えるのは恐ろしいことでしょう。
すぐに不動産会社や家主に相談し、アパートなりマンションなりの鍵を交換することを連絡することをお勧めします。

住まいや賃貸について、深く知るならココが手軽で便利です


Copyright (C)2017賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣.All rights reserved.