賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

女性の一人暮らしは危険?

現在では女性の一人暮らし、それがとても増えてきています。
もちろんこれまでも一人暮らしをしている女性は多くいましたが、さらに増えているという傾向にあります。
その背景にあるもの、それは女性向けの賃貸が増えているということがあるようです。
女性の一人暮らしは危険がつきもの、それは確かにあることです。
最近ではセキュリティーシステムが完備されている賃貸マンションも多くなり、それによって女性の一人暮らしはそのマンションの中では大きく安心を確保できる場所となりました。
しかし油断は禁物です。
女性の一人暮らしによるマンションやアパートでのトラブルというのは後を絶ちません。
ここでは女性の一人暮らしということに焦点を絞って見ていきたいと思います。
女性の一人暮らしに欠かすことができないのは防犯です。
空き巣や強盗、さらには強姦など、女性の一人暮らしを狙った犯罪というのは後を絶ちません。
まず、女性が一人暮らしをするときにはどのような防犯をしておいたらよいのか参考になるものを見ていきましょう。
ゴミから犯罪が?
ごみは犯罪につながりやすいという傾向があります。
またトラブルに発展しやすいのもゴミです。
ごみの収集日を守るということはトラブルに発展することを防ぐだけではなく防犯にも役立ちます。
クレジットカードの明細、領収書など個人情報につながるようになものはシュレッダーにかけてからというのは基本です。
または個人情報の部分は常に黒く塗りつぶすなどの習慣をつけておくとよいでしょう。
ドアを開けない、安易にドアを開けるほど危険なことはありません。
チャイムが鳴ったときには必ずドアスコープで確認することにしましょう。
どちらさまですか、という声掛けも忘れてはなりません。
宅配業者であるということが明らかであれば問題ありませんが、万が一相手がスーツなどを着用していて訪問販売を名乗るようであれば、それ自体もやっかいなものですし、なおかつ犯罪につながる可能性もありますのでドア越しに断るようにしましょう。
帰り道も油断しない、毎日同じ時間、同じ帰り道を使うというのは実は犯罪に巻き込まれやすくなっています。
不審者から後をつけられないようにするためにも帰り道を時折変えたり、時間をずらしたりなど行動パターンをかえるというのも方法の一つです。
また帰宅後すぐに部屋の灯りをつけるということはどの部屋なのかということを知られることにもつながります。
大げさなようではありますが、万が一ということを常に考えあらかじめ自分の生活を人にさらさないような行動を心がけましょう。

Copyright (C)2017賃貸住まいに必須!トラブルを招かないための生活習慣.All rights reserved.